絶好の時期が来る---分散式太陽光発電

時間:2017-05-28 クリック回数:759 来源:原创

1.jpg

2017年1月5日午前、エネルギー庁は記者会見を開催し、「エネルギー第13次5ヵ年発展計画」及び「再生可能エネルギー第13次5ヵ年発展計画」を発表した。発展計画によれば、太陽光発電の設備容量は2020年まで105GWに達成し、分散式太陽光発電に重点を置くという目標を示している。

現在太陽光発電の設備容量の年平均成長は12GW以上、これを基づいて大幅に増加できる突破点はやはり分散式太陽光発電だと思われる。地面発電所とは違って、分散式太陽光発電は数多いことや小容量で設置しやすいことなどのメリットを持っているため、幅広い市場に向かっている。将来の発展中心として、分散式の利用を強化し、そして技術の革新を推進しなければならない。さらに多くの国民が発展計画に参加させ、国のエネルギー改革に自分の力を捧げるように、経済力が良い都市をはじめに住宅用分散式太陽光発電を積極的に普及し、また住民たちが住宅の屋根に太陽光発電システムを設置することを励まるのも大事だと考えられる。 

「エネルギー第13次5ヵ年発展計画」によれば、分散式太陽光発電においては、政府の補助金が早く実行できるように、投資者が分散式太陽光発電の投資建設を全面的に参加できるように、制度改善と電力価格の調整を合わせ、市場貿易を推進し、取引コストを下げ、その優位を十分に発揮しなければならない。それと同時、市場化配置資源の展開を試み、ペースメーカー計画を実施し、先進技術と製品の実用を促進する方針を提出した。


簡単に言うと、2017年は分散式太陽光発電にとっては絶好の時期である。我々は分散式太陽光発電市場のブームに迎え、その時代に入っていく。 

我々マイべトエナジーはこの潮流に従い、MRac分散式太陽光発電システムを開発した。

MRac分散式太陽光発電システム

1、各発電所は独立し、使用者は自己制御ができ、大規模な停電事故が起きず、安全性が高い。

2、電力網の安全安定性の不足を補い、意外災害が発生する時、電力の提供を続ける。

3、区域電力の品質と性能に実時間監視ができ、農村、畜産地区、山間地帯、中小都市或は商業地区などの住民たちに適合し、環境保護な負担を減少できる。

4、使用寿命が25年、設置の回収期間は5-6年であるが、この後の20年間の電気料は0円!

4.jpg

マイべトエナジーはこれからも皆様にグリーン電力を提供するために、挑戦と機会を掴んで、精一杯頑張って行く。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
設計条件をいただければ、早速ご提案します。
お問い合わせ
オンライン相談
お客様の情報を提出していただき、早速ご連絡いたします。

マイべト(厦門)エナジー

住所:福建省厦門市集美区新田路69番 FAX:+86-592-6771575 TEL:+86-592-3754999 MAIL:sales@mbt-energy.com
Top