MRacソーラー シェアリング:農家の右腕

時間:2018-09-10 クリック回数:570 来源:原创

この度、中国雲南省玉渓市にあるソーラーシェアリング発電システムが竣工して、正式に稼働しました。この案件は現在雲南省の最大なソーラーシェアリング発電システムの一つです。マイベトエナジーはソーラーシェアリングにもう一歩踏み出しました。 

設置現場に地形が複雑で、農産物の灌漑問題が深刻でした。ソーラーシェアリング発電システムが稼働するまでに、現地の人は玉渓市電力を利用して揚水ポンプで灌漑を行っていました。灌漑するため、水源まで電線を繋がります。電線を何キロも必要となった時があって、不便な上にコストがかかります。

12.jpg

地形が複雑,灌漑困難


こんな厳しい状況の中にソーラーシェアリング発電システムが登場しました。太陽光発電システムを水源付近に設置して、作った電力を揚水ポンプに使います。良好な日射があったら電力が安定に提供できます。太陽光発電は安全でクリーンエナジーであり、火力発電より環境に優しいです。運営費用が低くて、一回の投資で20-25年間が使用できます。

                      

マイベトエナジーはこのソーラーシェアリング発電システムの架台設計を依頼される時、設置場所の傾斜角度が大きすぎるとか、パネルの選択とか、現場までの荷物配送とか、いろいろな難題に直面しました。エンジニアが現地状況を考慮して、一部は整地をして平地架台で対応しながら、一部は傾斜専用の架台を設計しました。みんなの努力でこのソーラーシェアリング発電システムをスケジュール通りに完成させ、お客様の好評を得ました。ソーラーシェアリング発電システムが正式に稼働し始めた後、現地の灌漑問題がうまく解決しました。

13.jpg  

玉渓市ソーラーシェアリング発電システム局部


15.jpg

玉渓市ソーラーシェアリング発電システム局部


日射がいい日に、一日6-10時間発電できます。雲の日に日射がシステムの最低要求に達することができれば、発電できます。夜に発電できないので、昼間に池に貯水池に水を上げておいて、夜間の灌漑に使います。

17.jpg

玉渓市ソーラーシェアリング発電システム完成


  18.jpg

玉渓市ソーラーシェアリング発電システム完成 

 

今後もお客様のために、好評をもらえる太陽光発電ソリューションを提供するように努めます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
設計条件をいただければ、早速ご提案します。
お問い合わせ
オンライン相談
お客様の情報を提出していただき、早速ご連絡いたします。

マイべト(厦門)エナジー

住所:福建省厦門市集美区新田路69番 FAX:+86-592-6771575 TEL:+86-592-3754999 MAIL:sales@mbt-energy.com
Top