コンテナ不足、運賃高騰、深刻な遅延

時間:2020-11-19 クリック回数:1400 来源:原创

日语新闻-港口1.jpg

以下データは“船务资讯”という公式アカウントの報道から。

今のところ、海外貿易物流圏内で皆が一番関心を持っている話題:コンテナ不足、運賃高騰、深刻な遅延。

この前、一部の船会社は太平洋横断運航を取り消したのと、7月と8月に封鎖緩解の原因でアジアからヨーロッパへの貨物が急増した。これらの要素で船会社がコンテナをアジアへ返送しがたくて、最近数ヶ月アジアの港のコンテナ不足をもたらした。特に中国の港ではかなり深刻だ。一方、アメリカとヨーロッパの一部の港はコンテナ停滞時間が増え、港の渋滞を直面した。

日语新闻-港口2.jpg

世界トップ3のコンテナ賃貸会社のTextainerとTriton。

Textainer社は来年2月中旬までに、コンテナの需給バランスの回復がまだ難しくて、コンテナ不足状況が2021年旧正月以後に続く見込みだと述べた。

Triton社は、今年第四期に出荷が増えると予想した。世界中、ほとんど全部のコンテナは中国メーカーによって製造されている。「現在、来年1月まですでにフル受注で、メーカーは来年2月と3月の受注を受け付けている」とTritonが述べた。

 

空コンテナ在庫状況指数(CAx):

CAx値は0.5以上だと空コンテナ過剰;0.5以下だと空コンテナ不足。

中国青島港の空コンテナ在庫状況指数(CAx)は第36週の0.7から10月の0.35に下がった。

その一方、コンテナは揚げ港に停滞し、ロサンジェルス港の40HQの空コンテナ在庫状況指数(CAx)は第35週の0.11から9月11日(CAx)0.57に増えた。

 

7月以降、一連の要因が需給のバランスに深刻な影響を及ぼし、価格が押し上げられ、最終的に荷送人は運賃の高騰、船便の減少、コンテナ不足、高頻度の遅延に直面させられた。

 日语新闻-港口3.jpg

お客様へのアドバイス:

今回のコンテナ不足、頻繁な遅延、運賃高等現象は短期的に解消できない可能性があって、皆様は余裕をみて合理的に出荷を手配し、十分な納品時間を確保することをおすすめします。

 


お気軽にお問い合わせくださいませ。
設計条件をいただければ、早速ご提案します。
お問い合わせ
オンライン相談
お客様の情報を提出していただき、早速ご連絡いたします。

マイべト(厦門)エナジー

住所:福建省厦門市集美区新田路69番 FAX:+86-592-6771575 TEL:+86-592-3754999 MAIL:sales@mbt-energy.com
Top