太陽光発電はあなたと一緒に暗闇と戦う、光があれば未来がある

時間:2016-08-31 クリック回数:2125 来源:原创

1.jpg

離れて見たら、ニ匹の燕かと思ったら、近づくと一生懸命に電力を復旧しているスタッフと分かりました。


旧暦の八月十五日は中国の中秋節であり、もともと家族が集まってお月見をしながら、「博」というにぎやかで面白い伝統活動をする団欒の日です。が、2016年の中秋節は厦門にとって月がなくて、明かりがなくて、「博」ができなくて、夕食さえちゃんと食べられなかった日でした。ただ、窓の外の風の叫びや停電後の暗闇が残りました。

2.jpg

(台風の進路図)


2016年9月15日3時5分,今年のスーパー台風第14号 “ムーランティ”は厦門市翔安区に上陸しました。天気予報によると、上陸時の中心付近の最大風力は15級であり、一時17級にも達し、今までの記録に越えたそうです。

3.jpg

(ムーランティ台風に襲われた建物)


ムーランティ”が上陸した後、厦門市の大部が停電停水の状態になって、たくさんのインフラが壊れ、65万本の並木がダメージを受けられました。自動車が倒れた並木に壊されたり、積水に浸されたりしました。飛行機が欠航し、新幹線、バスも一時停止せざるをえませんでした。町が陥落しました!

4.jpg

(翌日、目の見えるところに悲惨な状況)

“ムーランティ”は厦門の電力設備及びインフラに破滅性的な被害をもたらし、数多くの堅固な建物が壊されました。電力会社によると、一番被害を受けた翔安区は給電網を立て直すほど電力の復旧作業が難しいそうです。

 “ムーランティ”に襲われたその夜、個人的な財産のほか会社のカーポートに心配しました。工場内に完成したこのシステム、設計当時50年以内の最大風速を想定して設計し、強度に対して何度も試験を行いましたが、今回の台風はここ50年にない風速でした。翌日エンジニアが会社に着いたら、感心なことに、カーポートがそこに立っています。台風との戦いで、頑張ってくれました。

6.jpg

台風後のMRacカーポート)

7.jpg

(台風後の厦門1.5MW陸屋根システム)


今日は、“ムーランティ”がすぎてから五日目。電力関係のスタッフが昼間も夜も関わらず仕事を続けますが、一部分の住民がいまだに暗闇に暮らしています。

1879年にエジソンは電灯を発明して人々を暗闇から救い上げました。マイべトは安定的に給電できるように今もこれからも我々の全力を尽くそうとしています。将来、もし今回みたいな非常事態になった時、みんなを不便な状態から助けるように我々の力を発揮します。

8.jpg

この台風は、いろんなものが吹き飛ばされましたが

たくさんの考え事が残った

9.jpg

(マイベトは大規模太陽光発電架台、住宅用太陽光発電架台をご提供します。)

上記写真、一部はネットから転載するものです。


お気軽にお問い合わせくださいませ。
設計条件をいただければ、早速ご提案します。
お問い合わせ
オンライン相談
お客様の情報を提出していただき、早速ご連絡いたします。

マイべト(厦門)エナジー

住所:福建省厦門市集美区蘇山路45番 FAX:+86-592-6771575 TEL:+86-592-3754999 MAIL:[email protected] Afters-sales service:[email protected]
Top