マイべトと中国国家造船会社第 725 研究所と共に海上太陽光発電の研究と応用に提携します

時間:2023-03-14 クリック回数:565 来源:原创

2月27日、マイベト(厦門)エナジー有限会社は海上太陽光発電研究並び応用試験の調印式が本社で盛大に開催されました。マイべトは、中国国家造船会社第 725 研究所と協力して、厦門海洋環境試験場の大離浦屿海域試験区で実際の海洋暴露実験を実施します。海上浮体式太陽光発電の応用示範項目として、中国海洋新エネルギー産業化応用のために、重要な技術サポートを提供しております。

洋上太陽光発電基幹技術研究?応用実証プロジェクトのリーダーたちの集合写真です

「炭素ピーク、カーボンニュートラル」の国家戦略を支援し、海上太陽光発電市場が役に立てます

太陽光を含むクリーンエネルギーの発展は中国のエネルギー戦略の重要な一部分です。その中で、限られた耕作地などの基本的な条件を受けて、中国の福建省を含む沿岸地域は、海洋太陽光発電の開発を国家の「二重炭素」戦略に対応するための鍵と見なしています。

ただし、現在、大規模な太陽光発電所は、主に固定式太陽光発電所であり、広大な海域と低コストの海上浮体式システムは技術問題に制限され、まだ研究開発段階に入っております。海洋の風速と波は内陸より大きくて、海上太陽光システムに外部負荷も更に厳しくなります。海水と海洋微生物はシステムの各部品に対して非常に腐食性が高く、浮体材料、係留システム、連結装置への新たな挑戦です。

洋上太陽光発電所向け製品

この技術問題を解決するために、マイべトは中国国家造船会社第 725 研究所と協力して、海上の太陽光発電試験を行います。モジュール、フロート、係留、アンカーなどのサブシステムや機能部品などの海洋環境条件での腐食、老化性能テストを行い、試験データを蓄積し、各部品の海洋環境適応性を評価します。

太陽光発電アレイの配置案

技術の産業化応用を模索し、海上太陽光発電基地の建設を推進します

中国船舶集団有限会社第725研究所は艦船の材料と工芸及び応用性の研究に従事する軍事産業研究事業単位であり、海軍の武器装備の発展と国民経済の建設に重要な貢献を果たしてました。マイベトは業界トップ太陽光発電システムのソリューション プロバイダーおよびメーカーであり、2014 年には、水上に浮体式太陽光発電システムを導入しました。両社の重要な協力により、洋上太陽光発電技術研究のための科学的実証が行われ、産業応用探査を通じて浮体式洋上太陽光発電の開発が積極的かつ着実に推進されることが期待されます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
設計条件をいただければ、早速ご提案します。
お問い合わせ
オンライン相談
お客様の情報を提出していただき、早速ご連絡いたします。

マイべト(厦門)エナジー

住所:福建省厦門市集美区蘇山路45番 FAX:+86-592-6771575 TEL:+86-592-3754999 MAIL:[email protected] Afters-sales service:[email protected]
Top