春を迎え、マイベトが日本福島の復興を見守る

時間:2022-03-03 クリック回数:841 来源:原创

2011年3月に、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故が発生した。約50万の人々はふるさとから離れて、数万の土地が荒れた。

十数年後、福島県二松本市にある68000平方メートルの耕作放棄地が新たな生気を迎えた。この土地では、太陽光発電所を建設して、下に有機エゴマとシャインマスカットなどブドウ7種を栽培する。この発電所の積載量は約4 MWで、現在日本国内最大級のソーラーシェアリングとなる、年間発電量は約370万度で、880世帯が使用できる。

春を迎え、マイベトが日本福島の復興を見守る

発電所の建設は日本社会各界の注目を集め、現地メディアが次々と報道している(詳細は文末リンクを参照)。福島の人々は農業+太陽光発電所の新しい発展モデルを模索し、大きな被害を受けた福島農業を徐々に復興させ、広大な福島の土地に新しい生命を輝かせた。

春を迎え、マイベトが日本福島の復興を見守る

マイベトはこのプロジェクトが参加できてとても光栄と感じている。このプロジェクトはマイベト自主的に開発した“ソーラーシェアリング”を採用した。―太陽光架台システムと農業を完璧に結ぶ製品である。マイベトのソーラーシェアリングシステムは頑固な部品がTUV実験に合格し、農業機械設備の日常操作に影響を与えないように大きくスパン構造に基づいて設計されている。 柱はプロジェクトのニーズに応じて適切な材料を選択、部材がうまく組み合わせていることで大スパン構造でも優れた耐荷重性能を持っている。 特許を持つT型ロックは、ポスト、ジョイント、筋交いを組み合わせで架台を調整しやすく、有効に施工時間を節約できる。

春を迎え、マイベトが日本福島の復興を見守る

春が大地に戻り、万物がよみがえり、暖かい日差しがブドウの藤や太陽電池パネルを照らし、若芽の姿が生き生きとして、暖かい春風を浴びている。寒い冬が必ず終わり、日本の福島は再び活気を取り戻している。

備考:メディアの報道リンクについて

日本経済新聞社:二本松市に営農型メガソーラー完成、シャインマスカットやエゴマ栽培
https://project.nikkeibp.co.jp/ms/atcl/19/news/00001/02180/?ST=msb

河北新報:太陽光パネルを活用しブドウ栽培 福島?二本松に営農型発電所
https://kahoku.news/articles/20211123khn000055.html

東京新聞:【独自】福島で国内最大級のソーラーシェアリング 放棄された農地を太陽光発電とブドウ栽培に活用へ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/77842

お気軽にお問い合わせくださいませ。
設計条件をいただければ、早速ご提案します。
お問い合わせ
オンライン相談
お客様の情報を提出していただき、早速ご連絡いたします。

マイべト(厦門)エナジー

住所:福建省厦門市集美区蘇山路45番 FAX:+86-592-6771575 TEL:+86-592-3754999 MAIL:[email protected] Afters-sales service:[email protected]
Top